電力を売る

太陽光発電のシミュレーション

太陽光発電を設置するときに大切なのは、自分の家の屋根にどのぐらいのパネルを設置できて、自宅で使う電力をどのぐらいまかなうことができるのかということを確認することです。 屋根の向きや大きさ等により発電量が変わってきますので、しっかりとシミュレーションを行って太陽光発電を導入することが大事です。 また、余った電力を電力会社に売ることができる売電というシステムも良く調べておきましょう。 どのぐらいの電力が売電できるのかをシミュレーションしておくことで、太陽光発電の設備費用を何年で回収できるのかが分かります。

いろいろな発電方法を上手に利用

太陽光発電は太陽の光を利用して発電をするとてもエコなエネルギーです。これにより光熱費の削減や、環境へ貢献することができます。 この他に、ガスでお湯を沸かす時に発電するという商品もあります。オール電化住宅でない場合、お湯を沸かすのはガスというご家庭が多いです。 お湯は毎日必要なものですので、この発電方法では毎日発電をすることが出来ます。 最近の住宅は、太陽光発電とこのお湯を沸かす時のエネルギーで発電する仕組みの両方を兼ね備えたものも登場してきました。 いろいろな方法で電力を生み出すことで、環境を守ることにも貢献できますし、ご家庭の光熱費の削減にもつながりますので、多くのご家庭で導入してもらいたいシステムです。