屋根の方角を調べる

太陽光発電を設置予定の屋根の方角を調べる工夫によって、事前に発電量を算出できるメリットがあります。 通常太陽電池モジュールは、その発電量は南向きの屋根に設置した場合の発電量を100%として計算をしています。このため設置方角が、それ以外の場所になると発電量が減少するため、注意が必要です。 仮に設置角度が30度で、設置方角が東や西だと85%程度にまで落ちます。北向きの場合はさらに落ちて66%になります。このように太陽電池モジュールの設置方角を調べる工夫で、事前に発電量を計算できます。

多くのメーカーが参入して、メーカー間の競争が激しくなったり、海外の割安なシステムが販売された影響もあって、最近は太陽光発電システムの導入費用もだいぶ安くなっています。しかしそれでも、一般家庭用の太陽光発電システムであっても、100万円以上は確実に導入費用がかかります。 そこで資金捻出に困ることがないように、多くの人がソーラーローンからの借入れを行っており、現在のトレンドになっています。これらの金融商品は、いわゆる特定目的ローンであり、仕組みとしては教育ローンやカーローンなどと同じものです。年金利としては2%前後のものが多く、金利は固定と変動の2つがあります。 借入れ延長もできるので、費用的不安がある場合に、太陽光発電導入時に利用する人が多く見られ、家計の負担減少に役立っています。